虫歯治療

虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

【第一の因子】

第一の因子は、ミュータンス菌を中心とした細菌が歯の表面に住み着いていることです。
歯の表面で作られる乳酸などが歯を溶かすようになります。

【第二の因子】

第二の因子は、歯が弱いことです。
現在虫歯になりにくい丈夫な歯にしようということでフッ素が使われています。欧米では、フッ素を水道水に入れることによって一時期に比べ虫歯を大幅に減少させることに成功しています。私は日本でも水道水にフッ素を加えることが必要であると考えています。

【第三の因子】

第三の因子は、砂糖などの糖分を取ることです。
砂糖などはデンタルプラーク細菌によって乳酸などに変わっていき、その酸が歯を溶かしはじめるわけです。
また、ミュータンス菌などは、歯に頑固にへばり付くために、砂糖から糊状のものを作ります。さらに、自分たちの体の中に糖分を貯えて、寝ているあいだも貯えた糖から乳酸を作り続けます。

【第四の因子】

第四の因子は、第一から第三の因子が一定時間以上続くことです。
したがって、砂糖の入ったキャンディーなどをしょちゅう口の中に入れることや、糖分が残っているのに歯磨きもしないで寝てしまうことなどは、虫歯を作ることになってしまいます。虫歯は、歯の溝や、歯と歯が接触していてデンタルプラークの取り除きにくいところから始まります。ほんの少し白くなったりしたごく初期の虫歯は、削ること無しに治すことができるようになってきました。虫歯も他の全ての病気と同様に早期発見、早期治療が大切です。

虫歯治療

虫歯治療

前歯や奥歯でも比較的小さな虫歯の場合、レジンと言われるプラスチックの白い詰め物を1回で詰めて治すことが出来ます。

さらに、虫歯が進んでレジンでは詰められない場合、インレーという虫歯を削って型を取り金属の詰め物を歯科用セメントで接着する方法があります。

さらに、虫歯が進行して、歯の神経を取ったり、神経を取った歯に対して、プラスチックや金属で土台をかぶせて白色(前歯)や金属(奥歯)の差し歯をかぶせる方法があります。

虫歯や歯周病によって歯が抜けた場合には、ブリッジ(橋渡し)やいれば(取り外し式)になります。

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防する方法です。
その方法は非常にシンプルで、シーラントをする歯の溝をきれいにし、そこにレジンを貼り付けるのです。(レジンとは、軽いむし歯治療の時につめる白いもの)

奥歯など歯磨き時にブラシが届きにくい場所に有効です。
実際に行う際には、本来のかみ合わせをずらすことになるので、かみ合わせに注意しながら進めます。

フッ素塗布

歯の一番外側にあるエナメル層は、フッ素を取り込むことで、より丈夫に硬く、そしてむし歯になりにくくなります。
フッ素を取り込むには歯医者で行う方法とホームケアで日常的に行う方法があります。

【歯医者で行う方法】
1フッ化物歯面塗布(綿球法)

※塗布後20~30分は食事を取らないで下さい。

2トレー法

専用のマウスピースをつけ、フッ素を取り込ませます。

3イオン導入法

専用液を塗布。通電した歯の表面にフッ素イオンを積極的に取り込ませます。

【ホームケア】

ジェルやスプレー、うがいなど様々なタイプがあります。