小児歯科・床矯正

小児歯科

虫歯の治療やフッ素塗布に加えて、主に第1大臼歯(6歳臼歯)にシーラントというプラスチックのようなものを歯を削らずに歯の溝に覆い、虫歯予防を行う方法があります。

さらに歯や歯並び、顎や顔面の成長発育を促し、清浄な永久歯の咬み合せになるように導いていく咬合誘導(広義の矯正)が大変重要と考えております。

具体的には、前歯の咬み合わせが反対になっている場合、入れ歯のような装置(床矯正装置)を夜寝ている間にはめて、歯の裏側から前に押し出して治したり、乳歯の奥歯が虫歯等で早く抜けてしまった場合に、後ろの歯が前に寄ってこないようにするためのつっかえ棒のような装置(クラウンループ・クラウンディスタルシュー)を使用したり、顎の骨の幅を広げる装置(歯列弓拡大装置)等を使い歯がきれいに並ぶスペースを作ります。

床矯正とは

歯並びが悪くなる原因の多くは顎の成長不足からによるのが大きな原因です。
永久歯の生えるスペース(顎の成長)ができるまでに、永久歯が生えてしまう為、永久歯が増えるにしたがって、歯並びがガタガタになってしまいます。その為、正しい成長に追いつくように治療を行う必要がでてきます。

床矯正は、「歯はできるだけ抜きたくない、虫歯のないきれいな歯並びにしたい」といった方にあった治療方法になります。

床矯正 治療方法について

1.Biotherapy(生物学的機能療法) 

原因を考え、改めること。正しく成長することにより自らの力で自然に治ること。
食事の環境を見直す、悪い習癖をやめることで正しく歯が並ぼうとする力を助けてあげます。
当院では、まず生活習慣についてご確認させて頂きます。自身の力で歯並びを治すことができればそれが一番良い方法だと考えているからです。Biotherapy(生物学的機能療法)だけでは治らないと考えられる場合に床装置を使って矯正治療を行います。

2.メカニカルな矯正治療(あくまで補助的なものです。) 

Biotherapy(生物学的機能療法)による歯並びの改善だけでは厳しい場合、装置を利用することになります。
(ただし、装置を使うからといって生活習慣を改善しなくて良いわけではありません。)
利用する装置を床装置と呼びます。

一般的に使用する器具の数は

  • 犬歯が生える9~10才までに治療を終えた場合は上下で1~4種類の装置を使用
  • 犬歯が生えた後9~10才以降に終えた場合は上下で4~6種類の装置を使用。
 

※症例によってこれより少なくなったり、多くなったりします。


床装置による痛みについて

基本的に痛みを我慢する治療ではありません。
痛いのを我慢してつけておく必要はありませんので痛みを感じた場合、
床装置は外しておいて早めに来院してください。 装置を調整すればすぐになおります。

床装置の装着時間

食事、歯磨き、発音障害を生じる場合は装置をはずします。 どうしても学校などにつけていきたくない子は家に帰ってからつけます。寝ている時間を含めて、最低12~14時間(1日)装着が必要です。 中学校以上の方は学校で装着しないと、この時間を満たすことは困難です。

床矯正の早期の治療が大切

顔の成長は6才までに約80%成長します。

歯並びが悪くなる原因の多くは6才までの顎の成長不足が原因で、永久歯が生えてくる場所がたりなくなってしまったことが要因とされ、 永久歯の本数が増えるにしたがい歯並びは乱れ、歯並びはガタガタになってしまいます。

そのため、正しい成長に追い付くように治療してあげる必要があります。